読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじりアト

ややオタク寄り。平凡アラサーOLの独り言

ProgateCamp jQuery基礎講座に参加してみた。

WEB制作・学習

オンラインでのプログラミング学習でお世話になっている「Progate」さん。
そのオフライン講座が開催されるとあって、先日会社帰りに参加してきました!

 

Progate Camp

 

場所は渋谷のBASE株式会社。こちらも常日頃気になっている会社さんです。
新規出店の案内方法や、提供している機能など、たまにチェックしてはその開発スピードにひとり感服してたりします。フットワークが軽い企業って本当に羨ましい…。

 

そんなわけで、今回チラッとオフィスを拝見することができたのですが、なんと壁がホワイトボードになっていて、自由に書いたり消したりできるのです!
この今どきベンチャー企業感、イイ!

 

 

ProgateCampの参加者はおよそ20名弱。若い人が多めでした。
ProgateのjQuery基礎編をまだやっていない人/一度修了した人の、2つのグループに分かれ、レクチャーを受けます。

私は修了したチームにジョイン。
応用を挟みながら課題を解いていく形で、参加者の様子をみながら、都度課題内容などをアレンジしてくれた姿には好印象を持ちました。

 

<今回勉強になったこと>

 

Jqueryのイベント+処理の構造

ホワイトボードで丁寧に説明してくれたので、ストンと頭のなかに入ってきました。
◯◯を△△したとき ←イベント
✕✕を□□する ←処理

 

・this の使い方

関数で多用するthis。たまに何を指定しているのか曖昧になりがちだったのですが、常にfunction前のセレクタを指すということを把握。
また、thisを起点とした様々な処理もあるそうで、このあたりは実際に使用するときに都度適切なものをググりながら使えばOKとのこと。

 

フレームワークについて

バックエンドの言語・処理をわかりやすくしたものがフレームワーク
PHPならCakePHPRubyならRuby on Railsといったように、各言語にあり、より直感的に使えるものだそう。例えて言うならば、車を作るときに、PHP:鉄とすると、cake PHP:扉などのパーツといった感じ。
なので、PHPRubyの言語を突き詰めるよりは、フレームワークを使いこなせるようになったほうが分かりやすいし役立つそうです。
フレームワークの存在、全然知らなかった…!)

 

・戻り値、オブジェクト指向の意味

このあたりも結構漠然と把握している感じだったのですが、それを形として把握。
戻り値はExcelでいうSUMと同義。引数の処理が返された結果。
オブジェクト指向は、予め明確な役割が決まったコード群を組み合わせ、それぞれが相互に連携しながら呼び出されることで1つのシステムとして機能する、といった考え方のこと。

 

ところどころjQueryと直接関係ないことが混じっているのは、せっかくのリアルの場ということで、Progateの皆さんが他にも色々教えてくださったためです。ありがたい。
そのため、やや進行が滞ることもありましたが、それは回を重ねれば改善されていくんじゃないかな。

 

今回の勉強会ではjQueryの書き方を覚えるだけでなく、ではそれをどう活用していくのか、といった考え方を知ることができた気がして有意義でした。楽しかった〜♪

  

f:id:a-kaji2:20151003121705j:image

BASEやProgateのステッカーもいただきました◎