読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじりアト

ややオタク寄り。平凡アラサーOLの独り言

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」七月隆文

たまには恋愛小説を読んでみようと思い、本屋さんで推されていたこちらの本をピックアップ。いつもならあまり手を伸ばさないジャンルですが、タイトルの意味が知りたくて購入決定です。

 

ちなみにこの本を読む前は伊藤計劃さんの「虐殺器官」を読んでいたのですが、それと比べると内容が格段にシンプルでストレート!驚くほど早くページを捲れて、あっという間に読み終えることが出来ました。

また、「明日、昨日のきみと〜」というタイトルに込められた設定は、私が考えていたものより更に一捻りも二捻りも加えられていて、若干ややこしい設定であるにもかかわらず、非常に分かりやすく説明されていました。

 

ただ、やっぱり私にはあまりあわないかなぁ、という印象です。

 

なんというか、誰かが想像する理想的なお話(どちらかというと一方的な目線)を聞いている気持ちになって、いまいち感情移入することができなかったのですよね…。これは単純にあう・あわないの問題でもある気がするのでなんとも言いづらいですが。

また、ややSFフィクション寄りのお話と割りきってはいても、少し無理があるように思う点がチラホラ。

 

でももしかしたら私、高校生の頃なら面白く読めたかもしれないです。
本って、出会うタイミングも非常に重要ですね。

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)

ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)