読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじりアト

ややオタク寄り。平凡アラサーOLの独り言

引越し検討中の私にピッタリの一冊でした「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」マキヒロチ

漫画 部屋・引っ越し

昨日、不動産屋さんや街歩きに付き合ってもらった本屋勤めの友達から、「たぶんこれ、今のキミにピッタリだと思うよ」とオススメされた一冊。

 

「いつかティファニーで朝食を」がドラマ化もされている人気漫画家・マキヒロチさんの新作、「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」です。

 

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1) (ヤンマガKCスペシャル)

吉祥寺だけが住みたい街ですか?(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

以下、漫画背表紙から紹介文抜粋。

 

吉祥寺で不動産を営む重田双子(ツインズ)は、どこにでもある街へと変わっていく吉祥寺に不満たらたら。

なのに、お部屋探しにやって来るのは
「住みたい街No.1=吉祥寺」の幻想を抱く女子ばかり!
だから、今日も紹介しちゃうんだな、“吉祥寺以外”の街を♡

街ぶらラブな不動産マンガ、第①巻!

 

引越し先を検討しているお客さんがやってきては、その人に合った街や物件を、個性的な双子店員が探してあげるオムニバスストーリー。

 

抱えている悩みや問題は人それぞれ。それを大雑把だけど親身になってヒアリングしては、強引にオススメ物件に連れてっちゃう双子店員。でもそこでオススメされた物件は、確かにお客様にピッタリなのです。さらにお客さんが抱えていた悩みまで暖かくほぐして、もう一度前を向かせてくれる。

 

私もそうなのですが、基本的に不動産屋さんを訪れる段階では、漠然とした希望条件と、住みたい街へのミーハー心を抱えているのですよね。この双子店員は、そこからその人が本当に譲れないものを見抜く目利き力が凄いのです!
結果「それは吉祥寺ではない」という結論にたどり着き、物件だけではなく周辺環境も含めてオススメしてくれる二人。私もこんな不動産屋さんに出会いたいなぁ。

 

そして私ももう一度、自分が何に一番こだわりをもって物件を探したいのか、考えなおすべきだと再認識。ちょっとずつ見えてきた気がするので、これまで候補にあがってきた街を見比べつつ、物件を眺めながら探していこう。

 

吉祥寺だけが住みたい街ですか? « ヤングマガジン公式サイト『WEBヤンマガ』|講談社コミックプラス