読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじりアト

ややオタク寄り。平凡アラサーOLの独り言

出版業界への転職活動挑戦録〜1次試験であえなく敗退〜

昨年年末にマイナビ転職から届いた1通の特別オファー。なんと某出版社がWEBメディアやアプリの構築・運営担当を募集しているとのこと。

そもそも私は希望職種:WEBプロデューサー・ディレクター、WEBコンテンツ企画・制作といった内容でマイナビ転職に登録しているため、あまり出版業界がヒットすることはありません。就活時代は出版業界にも興味があり、各社受けてみましたが見事に全滅。それからは特に縁のない日々(本を読むのは好きですが)。

それがここにきて久しぶりにその文字を見かけ俄然関心度がUP!さらにWEBの人材を求めているタイミングに遭遇するなんて早々ないと思い、せっかくなのでエントリーしてみることにしました。特別オファーが届くってことは、もしかしてすごく人手に困ってる→採用確率高かったりして…?なんて、ちょっと邪な想いもありつつ。。
※ちなみにマイナビ転職の特別オファーは意外と気軽に届く気がします;

 

さて、転職活動の実施を決めると、まずとりかからなくてはならないのがエントリーシートです。就活時代もそうでしたが、出版業界のエントリーシートというのはとにかく厄介!今回はA4 4枚にぎっしり設問が詰め込まれており、しかもそれを手書きで埋めなくてはなりませんでした。久しぶりに腱鞘炎になるかと思った…。いや本当に。

「これだけ手書きで書かせるのは、そこで“ふるい”にかけているんだよ」
という意見もあるようですが、ぶっちゃけその考えには全く共感できません…。WEB系の職種という、多忙な状況の方が多いと推測される部門の募集で、時間をかけないとエントリーできないようにしているのもどうかと思いますが、今の時代に即していない手書きでの募集なんて、WEBで有能な人材が果たして魅力に思うかどうか。そこで力を発揮したいと思うのかも微妙なところです。そもそもエントリーシートの内容も、比較的編集部門に沿ったような内容だったように感じます。「本当に良い人材が欲しいんかい!」と何度一人ツッコミを入れたことか。

とはいえ、やはり出版業界に憧れがあるので、夜な夜なエントリーシートの作成に時間を割いたわけで。THE 手の上転がし。
でもまぁなんだかんだ、いざ書き始めてみると楽しかった面もありました。自分がどういったことを重視して、普段どういうふうに仕事をしているのか、客観的に見つめなおすきっかけになったといいますか。過去、新サービスやアプリを手がけた時の大変だった状況も蘇ってきて、少し懐かしい気持ちに浸ったりもしつつ。
でもやっぱり手書きである必要性はないよなぁ。。

 

そんな感じで頑張って仕上げたエントリーシート。なんとか無事通過のご連絡をいただき、次は1次面接&筆記試験です。

 

ここで私が力を入れたのが一般常識・時事問題対策。最近あまりニュースを見れておらず、全く自信がなくて。そこで、出版業界の対策サイトから「朝日キーワード」が使えるとの情報を入手し、仕事の合間などにはこれを読んで過ごしました。

 

朝日キーワード就職2017 最新時事用語&一般常識

朝日キーワード就職2017 最新時事用語&一般常識

 

 

確かにこちら、最近のニュースが分かりやすくまとまっていて、非常に手軽な一冊です。と同時に、自分がどれだけ世の中のことを知らないか痛感しました。
他にも面接の質疑応答対策を行ったり、一応SPIも解いてみたりと、ここでもやることは盛りだくさん。バッチリ対策ができたと言えないまま、いよいよ1次試験当日です。

 

1次試験は筆記試験→面接の順に行われます。
ただここで一番の誤算が発生!まさかの時事問題がない!?

配布されたのは国語・数学・英語のSPI問題のみ。力を入れて取り組んだ時事問題はどこにも見当たらず…。なんてこと!
とはいえそんなことで落ち込んでいる暇はないので、ひたすら目の前の問題を解きまくります。ただ制限時間内にすべてを解き切ることができず…あぁ悔しい!私、学生時代と比較して学力も相当落ちてるなぁとここでも痛感。どうして人って一度覚えたことをこんなに簡単に忘れてしまうんでしょう。記憶も自分で制御出来るようになればいいのに。捨てたい記憶ファイルだけゴミ箱に捨てるイメージで。

 

筆記試験が終わると、少し時間を置いて次は面接。大体1人20分程度、3対1の個人面接でした。ここではエントリーシートの内容をもとに、矢継ぎ早に面接官から質問が飛んできます。言いたいことをすべて言い切れないうちに次の質問が飛んできたり、逆に1つの質問をとことん突っ込まれたり、正直、精神的にかなり疲れる面接でした。自分が伝えたかったことの1/10くらいしか言えた気がせず、やりきった感も全くなし。

 

というわけで、案の定、1次面接で敗退です。
もう少しちゃんと面接対策しておけばよかったな。

 

そしてこれが私にとって初めての転職活動だったわけですが、なかなかに濃い経験をさせてもらった気がします。ちょっと特殊だったかもしれないけれど、こういう感じなのかと雰囲気を掴めたし。自分に足りない面も再認識できた気がするし。

 

とりあえず今、やや愚痴っぽくはあるものの、特に未練もなくスッキリした気持ちでこのエントリーを書けているので、またなにか気になる採用情報があったときには、新たな気持ちで取り組みたいと思います。焦らず地道に行こう。