読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじりアト

ややオタク寄り。平凡アラサーOLの独り言

舞台『真田十勇士』を観に行ってきました!

f:id:a-kaji2:20160922204403j:plain

本日公開された映画「真田十勇士」。実は舞台版も同時上演されているということで、新国立劇場へ観に行ってきました!

 

舞台も映画さながらの豪華キャスト!主演は映画と同じく中村勘九郎さん。映画で由利鎌之助役を務めた加藤和樹さんは、舞台では霧隠才蔵役。またくノ一の火垂(ほたる)役は、映画では大島優子が演じていたところ、舞台版では篠田麻里子になってました。

 

※以下、ややネタバレ含みます※

 

殺陣や映像演出にも気合いが入った本作品。全体的に熱量が高い一方で、時事ネタやパロディ満載で笑いどころも盛り沢山。そのため、およそ3時間半に渡る長丁場の舞台ではありますが、適度に息抜きしながら観劇できます。そして一番の見所は、カーテンコールで扇子をふりまわす淀殿浅野ゆう子)かもしれません…!最高にキレてて劇場中が釘付けになってました(笑)

 

十勇士の中では、三好清海&伊三コンビが非常にコミカルで良かったです。行動や台詞がいちいち可愛くて、かなり和ませてもらいました。鎌之助&十蔵も、最期は切なかったけれど良い味出してたなぁ。

というか皆さん個性的で本当に素晴らしく、だからこそ全員生き伸びられたら良かったのですけど、やっぱりそれは難しいですね…。しかしながら、十勇士が徳川軍に敗れていくシーンは1人1人丁寧に描かれていたので、まだ救われた気がします。特に真田幸村親子が命をかけて徳川家康に迫るシーンでは、奥行きを活かして舞台を使うことで迫力満点に仕上がっていました。

 

ただ、実は私、舞台を観る前に知人から「最後は大どんでん返しだよ」と教えられていたのです。そのせいでラストの展開も予想できてしまって、いまいち自分の中では盛り上がりに欠ける形に。うーん、残念。

あと、個人的に色恋沙汰は特に要らなかったかな…と思います。やや中途半端な形になっていたし、それよりは十勇士の熱い結束を描く方により時間を割いてもらいたかったような。

 

とはいえ、それこそ老若男女問わず、わかりやすく楽しめるエンターテイメント作品。満足度は高いです。人情味溢れる十勇士、格好良かった!

 


舞台『真田十勇士』TVスポットCM(30秒ver.)

 

sanadajuyushi.jp