読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かじりアト

ややオタク寄り。平凡アラサーOLの独り言

浪漫溢れる美麗イラスト満載「百貨店ワルツ」マツオヒロミ

ふらりと紀伊國屋書店に立ち寄ってみると、ひときわ目を引く特設コーナーが!来年のカレンダー発売ということで特集されていたようですが、そのイラストの美しさに一目惚れ。ついついジャケ買いしてしまいました。

それがこちら、マツオヒロミさんの「百貨店ワルツ」です。

f:id:a-kaji2:20161004231235j:image

私は存じ上げなかったのですが、イラストレーターとして幅広く活躍されている方だそうで、この本にも美麗イラストが多数収録されています。何を隠そう、私は明治大正時代のハイカラな文化、特に女学生やモダンガール(モガ)が大好物!そんな私にとって、この本はページを捲るたびに幸せになれる素敵な一冊でした◎

 

舞台は虚構の二十世紀初頭。日本のとある地方都市にあるデパート「三紅百貨店」の各売り場を舞台に、漫画形式でショートストーリーが展開され、その前後の頁をポスターや広告・図録形式のイラストたちが華やかに彩ります。

美粧部の品々に憧れを抱く女学生たち。呉服部の新作発表会で手の届きそうな小物を見つけてときめく店員さん。どのお話もキラキラ輝いていましたが、なかでも特に、初めての洋服をあつらえに婦人服部にやってきたタイピストのタミコさんのお話がすごく可愛かったです…!初めての洋装に対する恥じらいと期待がまざまざと伝わってくるようで…うーん素敵!

そしてイラストの完成度や美しさについては言うことなし!とても丁寧に描かれており、さらに当時のことを記したコラムなどとも相まって、本当にその時代、こういったポスターが掲げられ、三紅百貨店が存在していたのではないかと思わされます。

満足度の高い一冊!別売りのイラスト集も気になるなぁ。

 

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

 

 

j-nbooks.jp